フィンペシアの副作用も知る│効果だけに目を向けない

髪の毛に関わること

女の人

原因と種類

薄毛について考えことはあるでしょうか。薄毛と聞くと女性より男性の方が割と身近に感じるものだと思います。しかし、実際は女性の方がさまざまな原因があり、薄毛になることもあるのです。では、薄毛の原因と種類について説明したいと思います。薄毛は、おおきく分けて6種類あり瀰漫性脱毛症、分娩後脱毛症、びこう性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症があります。まず、瀰漫性については主に加齢やストレスが原因で40代以降になりやすいといわれています。それから、分娩性は、産後一時的にホルモンのバランスが変わるためそのことが原因で起こります。ひこう性に関しては、乾燥が原因で毛穴を閉じてしまい起こります。円形性は、ストレスやアレルギーが原因でリンパ球が異常を起こしてなってしまいます。牽引性は、髪の長い方が様々なヘアアレンジをするころにより髪が引っ張られます。最後の脂漏性については、シャンプーなどの洗い残りで皮脂が溜りなります。

対策法

薄毛にはこれらの種類があり、なにが原因で起こるかということがわかりました。そこで女性が薄毛にならないようにするための対策を講じる必要が出てきます。まず、少しでも薄毛が気になり始めたら育毛剤を購入することをおすすめします。薬局などで市販の育毛剤は販売されており、値段もそこまで高価なものではないため、薬剤師の方などに相談して購入することもよいでしょう。また、症状によって違いますが、皮膚が原因で薄毛になっている可能性もあるので、皮膚科に受診して頭皮を診てもらうことも大切であります。それでもなかなか改善されない方は、病院を受診することが良いでしょう。今は、ヘアメディカルクリニックといって髪の毛について専門の医師が治療してくれるところがあります。また。女性専用の場所もあるため安心して通院することも可能であります。